ヤンキース:プロスペクトランキング:トップ100:2021年夏版

 



86位~100位 31位~40位
71位~85位 21位~30位
56位~70位 11位~20位
41位~55位 1位~10位

85位:アレックス・ゲレーロ

21歳3か月:183cm・83㎏:右投左打:キャッチャー
FCL:アメリカ:2018年ドラフト22巡目
選手ページ:MiLB公式Baseball ReferenceFanGraphs

Hit Power Run Arm Field
20/35 30/50 35/35 40/50 25/40

ロフトスイングと平均以上のスイングスピードを兼ね備えパワー面のポテンシャルは優秀。現在はFCLでプレーしていますが、後半戦中にはLow-Aクラスへ昇格することとなるでしょう。

バッティングとは対照的にキャッチャー守備はフレーミング、ブロッキング、送球などの各ツールが未熟。フレーミングを意識しすぎるがあまりにコントロールミスの投球に対して対応が遅れている印象で、今シーズンからはファーストでの起用も増えています。

84位:アンダーソン・ムニョス

22歳11か月:173cm・71㎏:右投リリーフ
Low-A:ベネズエラ:2017年国際FA
選手ページ:MiLB公式Baseball ReferenceFanGraphs

FB SL CB CH Cmd
50/55 40/45 30/35 25/35
FB/be FB/vel SL/vel CB/vel CH/vel
97 95 82~83 89~90

173㎝の小柄な体格とローエフォートなピッチングフォームから何故か95マイル以上を連発できるスリーパー・プロスペクト。

とは言ってもフォーシームはスピンに欠け空振り率は低く、スライダーやチェンジアップも平均以下の印象で、体格的を考えるとこれ以上の伸びしろはほとんど感じません

83位:バレット・ロセック

24歳7ヶ月:183cm・77㎏:右投リリーフ
AAA:2018年ドラフト17巡目
選手ページ:MiLB公式Baseball ReferenceFanGraphs

FB SL CB CH Cmd
50/50 40/40 35/35 30/35 30/40
FB/be FB/vel SL/vel CB/vel CH/vel
96~97 93~94 low-80 high-70 low-80

腕の振りが上半身にほぼ隠れるショートアーム気味のオーバースロットから4種の球種を投げ込みますが、飛び抜けたピッチは無く決め球に欠ける印象。

試合ごとの好不調の波が大きく、調子が良いときは支配的なピッチングを披露。シーズンが進むにつれて尻上がりに投球内容が良化しているので後半戦は楽しみ。

82位:ジョニー・ブリトー

23歳4ヶ月:183cm・92㎏:右投先発
High-A:ドミニカ:2015年国際FA
選手ページ:MiLB公式Baseball ReferenceFanGraphs

FB SL CB CH Cmd
40/45 35/40 45/45 55/60
FB/be FB/vel SL/vel CB/vel CH/vel
94? 91~93 low-80 mid-80

ファンキーな投球フォームですが高い身体能力のおかげかコマンドとコントロールはヤンキース傘下全体でも最高級。

試合後半でもそのコマンドを崩さないスタミナも大きな魅力で、制球力を武器のMLBまで到達したアドニス・ロサが完成形か。

81位:グレッグ・ワイセルト

26歳4ヶ月:188cm・97㎏:右投リリーフ
AAA:2016年ドラフト10巡目
選手ページ:MiLB公式Baseball ReferenceFanGraphs

FB SL CB CH Cmd
45/45 60/60 35/35 45/45
FB/be FB/vel SL/vel CB/vel CH/vel
96 93 82~83 85~86

親戚の陽気なオジサンのような風貌のクセにヤンキース傘下最高級のスライダーを連発して抑えるスライダーバカ。

AAで圧倒的な数字を残しAAAに昇格。AAAでは思うようにスライダーで空振りを奪えず苦戦している印象ですが、表面的な投球成績は上々の数字。

80位:トーマス・ミローン

26歳5か月:180m・86kg:左投左打:センター
AAA:アメリカ:2013年ドラフト3巡目
選手ページ:MiLB公式Baseball ReferenceFanGraphs

Hit Power Run Arm Field
35/40 35/35 50/50 40/40 60/60

シーズン前にマイナーFAにてレイズ傘下からヤンキース傘下に移ると26歳にしてバッティングが開花。5月の20試合において9試合でマルチヒットを記録し、一時期は打率.350・OPS1.000を超えるほどでした。

右投手に強く守備力もハイレベルなだけに、対右の控え外野手を欲しているチームでは重宝するかも。

79位:アーロン・パレンスキー

22歳9か月:180m・86kg:右投右打:ライト
AA:アメリカ:2020年ドラフト外
選手ページ:MiLB公式Baseball ReferenceFanGraphs

Hit Power Run Arm Field
30/40 30/35 40/45 40/40 35/45

5巡目まで短縮された2020年ドラフトにて指名されずドラフト外でヤンキース傘下に加入。ドラフト外となったことからも分かるように期待薄であったはずですが、驚くことにドラフト上位指名陣を差し置きAAで開幕を迎えると平均以上の成績を記録中。

走攻守に抜けたツールが無く天井は控え外野手のハイフロアーかつローシーリングなプロスペクトですが、ドラフト外1年目でここまで活躍すれば十分でしょう。

78位:ロン・マリナチオ

25歳11ヶ月:188cm・92㎏:右投リリーフ
AA:2017年ドラフト19巡目
選手ページ:MiLB公式Baseball ReferenceFanGraphs

FB SL CB CH Cmd
45/45 50/55 40/40 35/35
FB/be FB/vel SL/vel CB/vel CH/vel
98 93 81~83 82~84

以前はフリンジレベルの救援プロスペクトでしたが、コロナ休止中に平均球速が2~3マイル上昇しコンスタントに90マイル台中盤を計測。スライダーも平均超のクオリティを誇り、チェンジアップも一貫性に欠けるものの時折プラスの変化を見せています。

変則的なフォームのためかコマンドは低レベルなものの、積極的に各球種をストライクゾーンに投げ込みコントロールは上々。

個人的にはヤンキース傘下で5本指に入るお気に入り。

77位:トレバー・レーン

27歳2ヶ月:180cm・83㎏:左投リリーフ
AAA:2016年ドラフト10巡目
選手ページ:MiLB公式Baseball ReferenceFanGraphs

FB SL CB CH Cmd
40/40 50/50 45/45
FB/be FB/vel SL/vel CB/vel CH/vel
95 92~93 78~80

腕の振りがバッターから隠れる欺瞞的なスリークォーターから投げ込まれるスピンレイト3000rpm前後のスライダーを武器とするリリーバー。

アメリカ代表メンバーとしてオリンピック予選に参加しましたが本戦は欠場(本戦メンバーに選ばれず?)。

ちなみに、上に貼り付けたのYoutube動画はレーンの父親がアップしたもの。

76位:アルフレッド・ベガ

20歳5ヶ月:185cm・76㎏:右投先発
FCL:2018年国際FA
選手ページ:MiLB公式Baseball ReferenceFanGraphs

FB SL CB CH Cmd
35/45 25/40 25/55
FB/be FB/vel SL/vel CB/vel CH/vel
94 90~92 77~80

インターナショナルFA出身の20歳以下の投手プロスペクトには珍しくコマンドがウリで、常時90マイル台序盤のフォーシームも今後筋量を増やせばスピードアップするはず。

ただ、決め球であるはずのスラーブ気味のカーブはお世辞にも褒められるものではなく、カーブ以外の変化球のレパートリーも不明。

75位:クーパー・ブラウン

21歳6か月:183cm・92㎏:右投右打:セカンド
FCL?:アメリカ:2021年ドラフト4巡目
選手ページ:Baseball Reference

Hit Power Run Arm Field
25/40 20/35 55/60 40/45 35/50

2019~20年シーズンは短期大学でプレーすると、2020-21年度から2021年MLBドラフト全体1指名を受けたヘンリー・デイビスが所属するルイビル大学に転校。今シーズンの打撃成績は所属カンファレンスにおいて平均レベルの数字でしたが、プラスと評されるスピードと平均レベルの内野守備を評価されヤンキースが4巡目で指名。

セカンドが本職のはずですが、スピードを活かすためセンターにコンバートするのも良しとの意見が多数。

※既にヤンキースと契約済み

74位:クリスチャン・ペレス

22歳8か月:178cm・77㎏:右投右打:ショート
AA:ベネズエラ:2015年国際FA
選手ページ:MiLB公式Baseball ReferenceFanGraphs

Hit Power Run Arm Field
25/35 25/30 35/45 45/50 55/60

2019年オフにチャンス・アダムスとトレードでロイヤルズ傘下から獲得した守備型プロスペクトで、ヤンキース傘下でも屈指の内野守備は間違いなくプラスツール。

フリンジレベルのバッティングではAAAにてホームランを放ち高いK/BBレイトを残しており、全くダメダメといったわけではありません。

73位:アラン・メヒア

19歳10か月:183m・74kg:右投右打:センター
DSL:ドミニカ:2018年国際FA
選手ページ:MiLB公式Baseball ReferenceFanGraphs

Hit Power Run Arm Field
20/? 25/?

2018年~2019年にかけてDSLで活躍。今季はFCLでプレーしてもおかしくないはずですが、再びDSLで開幕を迎えています。

SNSのほとんど更新しておらずネット上にプレー映像が1つも転がっていないため、正直なところ私はメヒアがどんなプロスペクトか全く知らないのですが、FanGraphsのランキングにて40位と高順位にランクインしていたので本ランキングでも追加しました。

FanGraphsによるとプラス以上のポテンシャルを誇るパワーと平均以上のスピードがウリのようですが、後半戦中にはDSLでのプレー映像が手に入ると信じたいとこ。

72位:ブルックス・クリスキー

27歳4か月:190cm・86㎏:右投リリーフ
MLB:アメリカ:2016年ドラフト6巡目
選手ページ:Baseball SavantBaseball ReferenceFanGraphs

FB SL CB FS Cmd
50/50 40/40 45/45 35/35
FB/be FB/vel SL/vel CB/vel FS/vel
99 95 84 85

空振り率の高いフォーシームに加えスプリッターが向上を見せ、今シーズン前はコマンドさえより安定するようになればブレイクするだろうと私は期待していましたが、実際はコマンドが大きく向上するわけもなく、さらにはフォーシームのスピンレイトが大幅に下落したことで棒球に。

つまり、私は見る目の無いチンカス無能だってことです。

71位:ジェイク・アグノス

23歳1か月:180cm・93㎏:左投先発
Low-A?:アメリカ:2019年ドラフト4巡目
選手ページ:MiLB公式Baseball ReferenceFanGraphs

FB SL CB CH Cmd
40/45 45/50 30/35 35/40
FB/be FB/vel SL/vel CB/vel CH/vel
96 89~92 high-70 low-80

即戦力型の大学生投手だっただけにフルシーズン1年目となる今季は上位クラスでのプレーを期待したいところでしたが、シーズン前に(恐らく)トミー・ジョン手術を受けシーズン終了。

さらにトミー・ジョン手術と同時期に右足首も大怪我をしたようですが、常に全力でピッチングを行う勢い任せの熱血漢なだけ復帰後はピッチングスタイル等の改善が必要かと。