レフト:2020年MLBポジション別選手ランキング


1ページ目:6位~10位     

2ページ目:1位~5位       

3ページ目:来年のランクイン候補


5位:ジョク・ピーダーソン

ドジャース:27歳
2018年:ランク外 → 2019年:8位

年度 rWAR fWAR WARP
2018 2.1 2.7 1.9
2019 3.2 3.0 3.0

MLBデビュー前にはAAAでトリプルスリーを達成し走攻守揃った選手への成長を期待されていましたが、身体能力面の衰えが思いのほか早く走塁&守備はイマイチに。反対にバッティングに関しては自己ベスト級の成績を残したものの、例年通り対左投手の成績は”バッティングが得意な投手”レベル。ただ、今シーズンから導入されるワンポイントリリーフが禁止ルールが大きな追い風になる可能性も。

アマチュア時代から外野を守っている選手にもかかわらず、昨シーズンはチーム事情によりファーストを20試合守りましたがミスを連発。今シーズンはムーキー・ベッツの加入により更なるファーストでの出場増が予想されていますけど・・・。

年度 OPS
対右投手 対左投手
2015 .784 .691
2016 .918 .469
2017 .768 .597
2018 .893 .512
2019 .920 .505

4位:トミー・ファム

パドレス:32歳
2018年:ランク外 → 2019年:8位

年度 rWAR fWAR WARP
2018 3.5 4.1 3.2
2019 3.8 3.3 2.0

2シーズン連続で打撃成績は下落したものの自己最多となる148試合に出場。

とはいえスぺ体質を克服したわけではなく、今オフには同じくレフトをメインに守るハンター・レンフローとの交換でパドレスに移籍しましたが、早速ながら肘を痛め春季キャンプも出遅れ気味。

3位:マイケル・ブラントリー

アストロズ:32歳
2018年:ランク外 → 2019年:8位

年度 rWAR fWAR WARP
2018 3.7 3.5 2.8
2019 4.8 4.2 2.5

この5シーズンでは最多となる148試合に出場。32歳を迎えながらも代名詞のスムーズなスイングには陰りが見えず、全盛期に勝るとも劣らない打撃成績を残しました。

ただ、インディアンズ時代から大の苦手としているポストシーズンでは相変わらずの低パフォーマンス。ALDSの第5戦でホームランを放ったものの他の試合では長打無し。これでポストシーズン通算成績は25試合&95打数で長打がたった1本だけという異常な数字となっています。

2位:ジェフ・マクニール

メッツ:27歳
2018年:デビュー前 → 2019年:ランク外

年度 rWAR fWAR WARP
2018 3.0 2.7 1.2
2019 4.9 4.6 2.5

2018年シーズンにMLBデビューを果たし若干63試合の出場ながらも好成績を残しましたが、昨シーズンはレフト全体トップとなるwRC+143を記録するなど2018年の活躍がフロックではなかったことを証明。走塁は平均程度にもかかわらずwOBA(通算.379)とxwOBA(通算.347)に大きな差があることは気掛かりですが、レフトだけでなくセカンドやサードも卒なく守ることができるユーティリティ性は大きなプラス要素。

そもそもマイナー時代はセカンドとサードが本職だったんですけどね。

1位:フアン・ソト

ナショナルズ:21歳
2018年:デビュー前 → 2019年:ランク外

年度 rWAR fWAR WARP
2018 2.9 3.7 3.0
2019 4.6 4.8 4.9

若干20歳ながらもシーズンを通し非常に安定して成績を残しただけでなくワールドシリーズでも強打を披露。シーズンwRC+は2018年の145から142に微減したものの、xwOBAは反対に.371から.407(MLB全体7位)まで大幅に上昇しています。

今春季キャンプにはこれまでの背中を投手に向け重心を下げた独特なバッティングフォームを完全に捨て去りよりシンプルかつコンパクトなフォームに変更していますが、この記事を書いている時点では好調。

ライバルのロナルド・アクーニャに対して守備・走塁に関しては勝ち目がないわけで、肝心のバッティングでどれだけの差を付けられるか?


現時点におけるMLB最高のレフトは?
  • あなたの回答を追加する

コメント

  1. 匿名 より:

    ピーダーソンの所属がパドレスになってますよ