レフト:2020年MLBポジション別選手ランキング


1ページ目:6位~10位     

2ページ目:1位~5位       

3ページ目:来年のランクイン候補


来年度(2021年)のランクイン候補

J.D・デイビス

メッツ:26歳

年度 rWAR fWAR WARP
2018 -0.9 -0.6 0.0
2019 1.0 2.4 2.1

アストロズ時代はマイナーで好成績を残しながらもMLBではサッパリでしたが、メッツに移籍するとバッティングフォームに大きな修正を加え打撃力が開花。

平均未満の守備に関してはこれ以上の成長を望めないものの、打撃力に関してはまだ向上の余地あり。

エロイ・ヒメネス

ホワイトソックス:23歳

年度 rWAR fWAR WARP
2019 1.5 1.9 1.7

プロスペクト時代から評価の低い外野守備は前評判通り酷いためさっさとファーストにコンバートするかDHで起用すべきだと思いますが、チームがホセ・アブレイユと契約延長を結んだだけでなくエドウィン・エンカーナシオンも獲得したため、今シーズンもレフトに固定される予定。

あとは守備もあれですがスぺ体質も不安要素。

マイク・ヤストレムスキー

ジャイアンツ:29歳

年度 rWAR fWAR WARP
2019 2.8 2.2 1.7

野球史の中でも5本指に入るレフトを祖父に持つ選手ですが本人も2019年はレフトをメインにプレー。

トッププロスペクトとして若いうちから活躍を見せたその祖父とは対照的に、プロ入り7年目でデビューを果たした苦労人なので、すでに29歳で伸びしろはないかもしれませんが、フルシーズンをプレーすれば30本塁打の可能性も。

まあ、今シーズンはレフトよりもセンターとかの出場機会が多くなりそうですけど。

コメント

  1. 匿名 より:

    ピーダーソンの所属がパドレスになってますよ