21~30位:ヤンキース歴代選手ランキングTop30

Embed from Getty Images

25位:トニー・ラゼーリ

1926年~1937年:セカンド:rWAR=48.3、fWAR=48.4
Baseball Reference選手ページ

ヤンキースの第一次黄金期において5~7番打者として起用され、ルース&ゲーリッグの3・4番打者コンビのおかげにより7シーズンで100打点以上を記録した名セカンド。

守備が優れていたわけではありませんが、高い四球率により今の時代から見ると非常に優秀な打撃成績。また、ニューヨーク初のイタリア系スター選手として、イタリア系が多く住む地元ニューヨークで多大な人気を集めていたようです。

また、寡黙で厳格かつ野球IQにも優れた選手で、チームメイトの不正投球を上手く手助けすることもありました。(ある時にはボールをバットで叩き、一晩せっけん水に漬けて、地面で擦り、靴墨で磨いて不正球を作ったことがあるとのこと)

1991年、ベテランズ委員会により殿堂入り。


Embed from Getty Images

24位:ロイ・ホワイト

1965年~1979年:レフト:rWAR=46.8、fWAR=41.0
Baseball Reference選手ページ

MLBでは15年間ヤンキース一筋でプレー。飛び抜けた成績を残すことはありませんでしたが、優れた選球眼とレフト守備により貢献度は見栄えの成績以上の選手。謙虚かつチーム優先のプレー態度は当時のチームメイトに絶賛されました。

1980年~1982年は読売ジャイアンツでプレー。すでに36歳になっていましたがチーム一の打撃成績を残しています。


23位:フィル・リズート

1941年~1956年:ショート:rWAR=40.8、fWAR=41.3
Baseball Reference選手ページ

168㎝&68㎏の小柄な体格のために打撃力は平均以下でしたが、守備力だけならチーム歴代No.1の選手。第2次世界大戦の徴兵により全盛期の3年間を失いましたが、チームの歴代ショートではデレク・ジーターに次ぐ成績を残し1950年にはMVPを受賞しました。

現役時代はコミカルなキャラクターとリーダーシップにより人気を博し、引退後はヤンキース戦テレビ中継の実況を40年に渡って務め老若男女のヤンキースファンに愛されました。まあ、この人を嫌いなヤンキースファンはいないですよね。

1985年に背番号10が永久欠番に。1994年、ベテランズ委員会により殿堂入り。


22位:チャーリー・ケラー

1939年~1949年:レフト:rWAR=41.9、fWAR=43.1
Baseball Reference選手ページ

知名度は低いものの1940年代にジョー・ディマジオと双璧をなす強打者として活躍。身長は低いものの筋肉隆々な体格を持ち黒髪と合わせて「キング・コング」のニックネームが付けらました。打者としてはそのニックネームに違わぬパワーを披露。選球眼にも優れ5シーズンで100四球以上を記録し、ヤンキースでの通算wRC+153はチーム歴代4位の数字です。(1位~3位はもちろんルース、ゲーリッグ、マントル。5位はディマジオです。)また、通算wRC+152はMLB全体で見ても歴代25位(4000打席以上)。

マイナー時代にリーグ最優秀選手に選ばれMLBデビュー1年目から活躍。全盛期の約250試合を第2次世界大戦により失いますが、30歳になるまでは殿堂入りまっしぐらの成績。しかし、1947年(30歳)に背中を痛め成績が急降下し若干33歳でヤンキースを退団することになります。


21位:ジョー・ゴードン

1938年~1946年:レフト:rWAR=37.5、fWAR=40.1
Baseball Reference選手ページ

25位のラゼーリに代わる正二塁手としてデビューすると一躍MLBのNo.1セカンドに。出塁能力、長打力、耐久力、守備力の全てに優れ1942年にはMVPを受賞。上の二人と同じように全盛期の2シーズンを第2次世界大戦により失いましたが、1939年~1943年の平均fWARは6.8と毎年のようにリーグトップクラスの成績を残しました。

しかし、徴兵から復帰した1946年に絶不調に陥りシーズンオフにインディアンズにトレード。ただ、インディアンズ移籍後も1939年~1943年と同様の成績残し、ヤンキースにとっては最悪のトレードとなっています。

ちなみに、セカンドとしてのTZR+150はMLB歴代トップの数字。リズートの章で「守備力だけならリズートがチーム歴代No.1の選手」と書きましたが、もしかすればゴードンの方が上だったかもしれませんね。

コメント

  1. 土屋 勇治 より:

    それだけ名選手が在籍したという事でしょうけど、マクドガルやケラーよりもウィンフィールドやリゲッティらの方が上の様な気が…

    • 管理人 より:

      リゲッティならまだ分かりますが、ウィンフィールドは流石にトップ30に入らないでしょ。
      ヤンキースでの実績だけでランク付けしてますからね。

      • 土屋 勇治 より:

        でもウィンフィールドはミスターメイとスタインブレナーに叩かれていますが、ヤンキース時代が全盛期ですからね。でもウィンフィールドを入れるなら、オニールや在籍期間が短いレジーらの方が貢献していて彼らの方が30位以内に入らないのはおかしいとなりますかね。