第31位:ウェイド・ボッグス ~ 「個人的に選ぶ、MLB歴代野手ランキング」

第31位:ウェイド・ボッグス 
↓成績

1958年に生まれたボッグスは、
1982年~1999年の18年間、BOSとNYYとTBでプレーしました。
ポジションはサード。
あだ名は「チキン・マン」でした。
通算で、
打率328、出塁率415、3010安打を記録。
シーズン成績でも、
首位打者5回、SS賞8回、出塁率1位6回、OPSトップ2回、WARトップ3回、AS選出12回を記録しました。
高校生でドラフトされ入団しましたが、マイナーで6年プレーしてデビューは23歳でした。
ちなみにマイナーでは2年目から5年連続で打率3割を記録しました。
1年目に104試合(規定打席数には届きませんでした)で打率349を記録しました。
(この年の首位打者は打率332でした)
2年目に首位打者を獲得し、7年連続で200本安打を記録、
この7年間で首位打者は5回獲得して出塁率1位に6回なりました。
通算打率328は20世紀以降の三塁手では最高の成績です。
選球眼が抜群に良かった選手で、200安打&100四球を記録できる数少ない選手の1人で、
三振も少ないバッティング・コントロールに加え最高の選球眼を持つ厄介なバッターでした。
最近は四球の多さで評価が上がり、選手時代に比べられることの多かったT・グウィンより
高い評価を受けることが多くなっています。
長打面では二塁打が多い選手で本塁打は2回しか二桁を記録していません。
ただ、1987年に本塁打を意識すると24本塁打を記録しました。
守備は平均以上でGG賞を2回受賞しました。
高齢になっても平均以上のレベルをキープしていました。
走塁面では、ほとんど盗塁を記録していません。

BOSでは、1986年にWSに出場するも「ビル・バックナーのエラー」で敗退してしまい
WS優勝は経験できませんでした。
そして、1992年のシーズン終了後にライバルのNYYへ移籍しBOSファンに衝撃を与えました。
NYYでは5年間で打率313を記録するなどして活躍。
GG賞もNYYで獲得しています。
そして、1996年のPSで悲願のWS優勝を果たしました。
(ボッグス本人はあまり活躍は出来ませんでした)
この優勝後の球場で馬に乗りファンの声援に応えたシーンは有名です。


ルーティーン信者で毎日鶏肉を食べることから「チキン・マン」と呼ばれました。
(鶏肉のほかにも同じ道を通るなども行った)


選球眼とバッティング・コントロールを兼ね備えた名三塁手でした!