第13位:ジミー・フォックス ~ 「個人的に選ぶ、MLB歴代野手ランキング 」

第13位:ジミー・フォックス
↓成績

フォックスは1907年に生まれ、
1925年~1945年の20年間(1934年はプレー無し)を
主にPHA(現OAK)とBOSでプレーしました。
あだ名は「Beast」=「ビースト」と「Double X」=「ダブル・X」
ポジションはファーストでした。
通算打率325、2646安打、534本塁打、1922打点、
歴代5位のOPS1.038を記録しました。
シーズンで見ると、
MVP3回、三冠王1回、首位打者2回、本塁打王4回、打点王3回、
WARトップ3回、OPSトップ5回を記録しました。
当時最も恐れられた選手の1人で、驚異的なペースでホームランを
量産しました。最高の右打者の1人でもあります。
(右打者のベーブ・ルースとも呼ばれました)
全盛期は打率350、50本塁打、160打点を記録し、
毎年30本塁打、100打点、打率330、OPS1.000を記録しました。
(当時でも驚異的な成績でした)
しかし、彼がプレーした球場は打者不利で、もし有利な球場でプレーすれば
もっと本塁打を打てたはずです。
(PHAの本拠地シャイブ・パークやBOSのフェン・ウェイは打者不利)
それでも、32歳で500本塁打を記録(この記録はA・ロドリゲスに抜かれるまでメジャー記録)
ベーブ・ルースの本塁打記録更新の確立もありました。
ルースの記録更新を拒んだフォックス最大の汚点は飲酒でした。
恐らくアルコール中毒だったはずで、不眠症にも陥りました。
そのため30代前半で衰え始め、37歳で引退することになります。
短い期間でこれほどの成績を残したのは素晴らしいので、
ますます飲酒が後悔させられます。

彼は驚異的なパワーを持った打者でした。
シーズン58本塁打を記録し、500本塁打も軽々と超えたので
当然なのですが、ホームランの飛距離は今でも有名です。
ヤンキースのエースだったレフティ・ゴメスは特大本塁打を打たれ
フォックスを「ヤツは髪の毛まで筋肉でできている」と
いったほどでした。
当然、多くの特大ホームランを放ってます。
ヤンキースタジアムではレフトの観客席の屋根に当てており、
150m級のホームランを何本か記録したようです。
ちなみに、日本に来日した際に、神宮球場でも
場外ホームランを打っており推定飛距離は180mだそうです。
(恐らく150~160mぐらいでしょう)

個人的には、ゲーリックに次ぐ史上2番目の一塁手、
そして史上4番目の右打者だと思います。
全盛期に見せた打撃はルースやゲーリック級で、
飲酒がなければ10位以内に入っていたはずです。