選手紹介 ~ B・ガードナー

今日は私のお気に入り選手のNYYのB・ガードナーをご紹介します。
1983年8/24生まれの28歳でNYYのLFで活躍しています。
サウスカロライナ州ホリーヒルで生まれ育ったのですが、この町は人口がたった1000人ほどの田舎町なんです。
高校での生徒数もたった22人!そのうち13人が野球部だったそうで驚きました。
そしてさらに驚くことが!NYYのコーチとして有名でかつての名二塁手W・ランドルフもこの町出身だそうです。
まさか二人もいるとは驚きました!
ガードナーは05年にNYYから3巡目(全体109巡目)でドラフト指名され入団!
身長が178cmと小柄で体格面での心配がありました。
しかし、マイナーでは俊足を生かして盗塁を量産しました。
08年にデビューすると42試合で13盗塁を記録。09年は108試合に出場し26盗塁を記録し世界一に貢献しました。この年には新球場初のランニング・ホームランも記録しています。
10年はレギュラーに定着し驚異的な選球眼を記録。打線での平均被投球数はメジャートップを記録しました。
守備ではLFとしてメジャー最高の成績を記録し盗塁も47個を記録!
WARも6.2を記録しました。
今年は1番を任されることも増え盗塁数はリーグ1位を記録しています。
守備でもメジャー最高の成績を残しておりゴールド・グラブの獲得もあるかもしれません。
これからもLFを任していきたい存在でありジーターの後、リードオフマンも任せたい選手です。
とにかく守備は超一流であり歴史に残る守備力を持っていると思います(個人的な見解ですが)