ヤンキースがWCゲームを勝利!

正直初回終了時は今日で終わりかとも思いましたが、見事な逆転勝利!
サンチェスの股間直撃やグラナイトのやらかしなど、突っ込みどころも含めて非常にエキサイティングな試合でした。

グリーン⇒ロバートソン⇒ケインリーで7.1回を投げさせるという、ジラルディのごり押し采配が結果として光りましたね。キャッシュマンもニヤニヤでしょう。しかしポストシーズン最強投手のマリアーノ・リベラがいなくても此処までできるとは。
ロバートソンは2010ALCSやジーターのヤンスタ最終試合で炎上しているので心配でしたが、グレゴリウスと並び今試合のMVPとも言える投球でした。
ポストシーズン通算OPSがたった.461しかなかったガードナーも汚名返上。
何気にダブルプレー時のバードの股割りもファインプレイ!

100マイルの打球はNYY・7本-MIN・3本と強打も存分に見せました。ただDHで4打数無安打5残塁のエルズベリーは考えどころ。次に対戦するCLEは先発が右投手ばかりですが、ヘッドリーもレッド・サンダーも右のほうが苦手なんですよね~。

まあ先発陣が不安定な現状、CLEに勝てる確率は非常に低いでしょうが、今シーズン前の前評判と比べれば良くやったと言えます。来シーズンはトーレスの復活&デビュー、バードのオールスター選出、大谷翔平獲得成功を期待しながら締めくくりたいと思います。
1年間お疲れ様でした!

Embed from Getty Images