おすすめの海外MLB(野球)サイトを紹介!

日本の野球サイトも最近は充実してきましたが、本場アメリカの野球サイトはデータ満載&高クオリティで一日中見ていても飽きません。そこでおすすめのアメリカMLBサイト(英語)を有名どこから少しマイナーなものまで紹介したいと思います。


言わずもがな超有名野球サイト。最近はNPBなどの海外リーグやニグロ・リーグのデータも整備されてきており、ビル・ジェームズもビックリでしょう。ただ更新が少し遅いのが欠点です。



fWARなどセイバーメトリクス分野で有名なサイト。コラムも読みごたえあり。というかWikipediaのページがありました↓



Statcastの前にはホームランの飛距離はESPNが準公式的に測定しており、Stacastの計測が明らかにおかしいときなどは、未だにお世話になるサイトです。ボールの落下地点が詳しく記されており視覚的にホームランの飛距離が分かりやすくなっています。
各球場の広さの比較をすることができ、マリナーズvsアスレチックスの開幕公式戦を行った東京ドームのデータもちゃんと抑えられているので、スタントンやジャッジの特大ホームランがもし東京ドームだったらどこらへんに当たる(落ちる)のかも調べることができます。
過去の伝説的な特大ホームランの飛距離を改めて計算しているHighlight Homersというページもおすすめです。



Baseball Referenceに似たサイトですが、大学時代の成績が乗っていることが便利です。そのことと軽くてサクサクしているところ以外はBaseball Referenceの下位互換。



Statcastのスタッフ・Daren Willmanが作成したStatcastのデータをまとめたサイト。各試合のStatcastのデータ速報や様々なランキングを無料で簡単に見ることができます。特にApplicationsの各ページがおすすめ。新しいサイトなのでまだまだ発展途上ですが。



これもWillmanが作成したサイト。各チームのマイナー全チームの試合結果を1ページで確認することができ、マイナー所属の各選手の打球結果・ヒートマップなどが載っているところが一番の長所ですかね。



セイバーメトリクスのデータがそこそこ載っており、特にキャッチャーのフレーミングのデータが載っているところが特徴。さらにマイナーも含め全球場のパークファクターがまとめられています。

とにかくピッチャーに特化したサイト。大量の投球GIFがまとめられています。