2019年アカデミー賞予想:12月下旬編

2019年アカデミー賞予想:12月上旬編

ここまでの映画祭やハリウッドの劇場で公開された作品のレビューから来年2019年の2月に行われるアカデミー賞(オスカー)の主要部門における予想をまとめました。


作品賞

1位:Roma(ローマ)
2位:アリー/ スター誕生(A Star Is Born)
3位:Green Book(グリーン・ブック)
4位:女王陛下のお気に入り(The Favourite)
5位:If Beale Street Could Talk(イフ・ビール・ストリート・クッド・トーク)
大穴:First Reformed(ファースト・リフォームド)

満を持して公開されたアダム・マッケイ監督作の「Vice」ですが評価はイマイチ。作品賞ノミネートまでならワンチャンありますが受賞の可能性はゼロ。

前哨戦では各メディアの評価通りに「Roma」が圧倒的な成績を残しており本命としましたが、Netflix作品であることは大きな不利になるでしょう。


監督賞

1位:アルフォンソ・キュアロン(Roma)
2位:ブラッドリー・クーパー(アリー/ スター誕生)
3位:ヨルゴス・ランティモス(女王陛下のお気に入り)
4位:スパイク・リー(BlacKkKlansman)
5位:バリー・ジェンキンス(If Beale Street Could Talk)
大穴:ライアン・クーグラー(ブラック・パンサー)

キュアロンの受賞でほぼ間違いなし。


主演男優賞

1位:ブラッドリー・クーパー(アリー/ スター誕生)
2位:クリスチャン・ベイル(Vice)
3位:ヴィゴ・モーテンセン(Green Book)
4位:イーサン・ホーク(First Reformed)
5位:ラミ・マレック(ボヘミアン・ラプソディ
大穴:ジョン・デビッド・ワシントン(BlacKkKlansman)

本命不在の混戦。

作品自体の評価はイマイチだった「Vice」ですがディック・チェイニーを演じたクリスチャン・ベイルの演技は予想通り高い評価を受けておりノミネートはほぼ間違いでしょう。

また、「First Reformed」のイーサン・ホークは前哨戦で圧倒的な成績を残していますが、驚くことにゴールデングローブ賞の主演男優賞ではノミネートされませんでした。


主演女優賞

1位:レディー・ガガ(アリー/ スター誕生)
2位:オリビア・コールマン(女王陛下のお気に入り)
3位:グレン・ローズ(天才作家の妻 40年目の真実
4位:メリサ・マッカーシー(Can You Ever Forgive Me?)
5位:エミリー・ブラント(メリー・ポピンズ リターンズ
大穴:トニ・コレット(ヘレディタリー/継承

主演男優賞と同じく混戦状態ですがその中でも上位3人が頭一つ抜けている印象。

「Can You Ever Forgive Me?」のメリサ・マッカーシーも前哨戦などでは好調ですが「女王陛下のお気に入り」と同じFOXサーチライト・ピクチャーズの作品なので、会社はオリビア・コールマンの方を推すでしょう。


助演男優賞

1位:リチャード・E・グラント(Can You Ever Forgive Me?)
2位:マハーシャラ・アリ(Green Book)
3位:ティモシー・シャラメ(Beautiful Boy)
4位:サム・エリオット(アリー/ スター誕生)
5位:アダム・ドライバー(ブラック・クランズマン)
大穴:サム・ロックウェル(Vice)

ここまでずっとマハーシャラ・アリを1位にしてきましたが、前哨戦の結果を考慮してわずかにリチャード・E・グラントが上としました。とにかくグラントとアリの一騎打ち状態であることは確か。

また、アダム・ドライバーの「ブラック・クランズマン」はユニバーサル傘下のフォーカス・フィーチャ-ズ作品ですが、マハーシャラ・アリの「Green Book」もユニバーサル作品なので不利ですね。


助演女優賞

1位:レジーナ・キング(If Beale Street Could Talk)
2位:エイミー・アダムス(Vice)
3位:エマ・ストーン(女王陛下のお気に入り)
4位:レイチェル・ワイズ(女王陛下のお気に入り)
5位:クレア・フォイ(Boy Erased)
大穴:ニコール・キッドマン(Boy Erased)

レジーナ・キングが前哨戦ではNo.1の成績を残しており1位。クリスチャン・ベイルと同じくエイミー・アダムスも「Vice」で有力候補となっています。ただ、「If Beale Street Could Talk」と「Vice」は同じアンナプルナ・ピクチャーズ作品なんですよね~。

とりあえずノミネートはこの5人で決まりだと思いますけどね。ワンチャンあるのはニコール・キッドマンぐらいでしょう。


上に名前が出てこなかった高評価&ノミネート候補作品
・Widows
・アナイアレイション
・Eighth Grade
・Leave No Trace
・The Hate U Give
・クワイエット・プレイス
・22 July
・The Old Man and the Gun
・バスターのバラード
・Mary Queen of Scots
・On the Basis of Sex
・The Rider
・Wildlife
・Vox Lux