セカンド:2019年MLBポジション別選手ランキング

・イントロダクション

(1)怪我をしないのも実力のうち(アクシデントによる怪我は別)
(2)セイバーメトリクスを重視
(3)最近のシーズンほど重みをつけて評価
(4)無意識にヤンキースの選手を優遇しているはず
(5)ポテンシャルとか伸びしろは評価せず
(6)不調に陥らないのも実力のうち
(7)運も実力のうち・・・ではない
(8)ポジションは守備イニング数が一番多かったモノ
 

セカンド:2018年MLBポジション別選手ランキング


キャッチャー:2019年MLBポジション別選手ランキング

ファースト&DH:2019年MLBポジション別選手ランキング


セカンド(に塁手)

10位:ブライアン・ドージャー

ナショナルズ:31歳:2018年=2位(全体28位)

rWAR fWAR WARP
1.0 0.8 1.9

1~9位はスンナリと決まったんですが、10位に関しては2ヶ月ぐらい迷った結果去年2位だったドージャーとしました。まあ別に10位なんて誰でもいいですよね。


9位:ジョーイ・ウェンドル

レイズ:28歳:2018年=ランク外

rWAR fWAR WARP
4.3 3.7 3.2

シーズン前は典型的なAAAA選手として期待されていませんでしたがシーズン開幕直後から好調をキープ。内外野5つのポジションを守るなどユーティリティ性も抜群で、(ネームバリューやインパクトに欠け)新人王投票では4位に終わったものの実質的にはALルーキーNo.1の成績を残しました。

2019年シーズンも同様の好成績を残せるとは思えませんが、セカンドは層が薄いので来年もギギリギリTop10に入りそう。

ジョーイ・ウェンドル:新人王レース大谷翔平最大のライバル


8位:DJ・ラメイヒュー

ヤンキース:30歳:2018年=9位

rWAR fWAR WARP
3.0 2.0 4.2

DRS+18、UZR+11.0を残しキャリア3度目となるゴールドグラブ賞を受賞。シーズンオフにはFAとなりヤンキースと2年2400万ドルで契約しています。

ただ、2016年をピークに打撃成績は2年連続で悪化しており相変わらず打者有利のクアーズフィールド以外での数字は微妙。ちなみに、元々193㎝という体格にも関わらず強打せずコンタクト良く広角に打ち分けるタイプの打者ですが、2018年は引張方向&フライの打球が大幅に増加しており、フライボールレボリューション的な打撃改革を狙っていたのかもしれません。結果は出てないですけど…

DJ・ラメイヒューがヤンキースと契約合意!


7位:オジー・アルビーズ

ブレーブス:22歳:2018年=ランク外

rWAR fWAR WARP
3.8 3.8 4.0

若干21歳で開幕を迎えたものの開幕直後からHRを連発。前半戦終了時には93試合で20本塁打、OPS.834の好成績を残してオールスターゲームにも出場。ただ、後半戦はふくらはぎの故障などもありOPS.624に終わりました。

まあ、それでも21歳という年齢でこれだけの成績を残したことを考えると、数年後にバイエズとトップの座を争う姿が容易に想像できます。


6位:スクーター・ジェネット

レッズ:28歳:2018年=ランク外

rWAR fWAR WARP
4.2 4.5 2.8

1試合4本塁打も記録した2017年の好成績がフロックではなかったことを証明。ただ、現役選手で最もwOBAとxwOBAの差が大きい選手の一人となっています。

2019年オフにFAとなるため今オフでの放出も噂されましたが結局残留。チーム愛が強く本人はシーズン途中から契約延長を希望していましたが、今のところ契約延長の交渉は全く行われていないようです。

セカンド以外にコーナーOFとサードも守ることができる選手ですが、チームNo.1プロスペクトのニック・センゼルの活躍次第では流動的に起用されるかもしれません。

コメント

  1. クリーン・ボンズ より:

    いやー、さすがにアルトゥーベは…
    仮に怪我しなかったとしても200安打は達成できなかったでしょうし、本塁打も減って明らかに一昨年より調子悪かったですよね?

    • 管理人 より:

      2016~17年にMVP級の成績を残したアルトゥーベが少し成績を落とした程度でバイエズよりも下にはできません。