【小ネタ】MLB:1998年シーズン最速ランキング


MLB年度別平均球速Top3 MLB年度別先発投手平均球速Top3 各年代のMLB(アメリカ野球)最速投手 上の「MLB年度別平均球速Top3」...

例年通りに日本シリーズでセ・リーグが恥を撒き散らす様子を眺めならスポーティング・ニュースの過去記事を漁っていたら、1998年10月12日号に1998年シーズンの最高球速ランキングが載っていたので取り上げてみました。というか端的に言えばパクリです。

もちろんStatcastやPitch F/Xなどは存在せず球場のスピードガン等で計測した記録ですし、スポーティング・ニュースの集計なので漏れなどもあるでしょうが、上位にランクインしたメンバーは普通に納得できるようなメンツとなっていますよ。


最速
(マイル)

選手名

年齢 チーム
103 マット・アンダーソン 21 DET
100  ケリー・ウッド 21 CHC
ビリー・ワグナー 26 HOU
アーマンド・ベニテス 25 BAL
バートロ・コロン 25 CLE
ジェリー・スプラドリン 31 PHI
ウーゲット・ウービナ 24 MON
99 ペドロ・マルティネス 26 BOS
ジャレット・ライト 22 CLE
98


ランディ・ジョンソン 34

SEA
HOU

ロジャー・クレメンス 35 TOR
カート・シリング 31 PHI
ロベルト・ヘルナンデス 33 TB
ケルビム・エスコバー 22 TOR
マット・マンタイ 24 FLA
ホアン・アセベド 28 STL
ケビン・ブラウン 33 SD
ジョン・ロッカー 24 ATL

赤字は先発投手
(エスコバーとアセベドは先発時の計測か不明のため青字
緑字は他のソースを参考に私が勝手に追加)


1997年ドラフト全体1位のマット・アンダーソンがMLB1年目にして当時の史上最速記録103マイルを叩き出しダントツのトップに。ちなみに、アンダーソンは2002年のシーズン序盤に前鋸筋を断裂して一気に劣化したわけですが、前年の2001年シーズンにも最速102マイルを計測しています。

また、遅咲きの巨漢ジェリー・スプラドリンが27歳以上では唯一となる99マイル以上を記録。若いアーマンド・ベニテスは2002年に102マイル、ビリー・ワグナーは2003年に101マイルを計測するなど後に記録を伸ばしました。

最近では年度別球速ランキングの上位はリリーフ投手が大部分を占めること多いのですが、上表では先発投手の割合が高いことも印象的。ただ単に計測機会の少ないリリーフ投手の記録が漏れてるだけかもしれないけど。


反対にランクインしなかった剛速球投手はロブ・ネントロイ・パーシバルマーク・ウォーラーズフェリックス・ロドリゲスらがパッと思いつきましたね。

特にロブ・ネンは前年1997年のワールドシリーズにて最速102マイルを計測するなど一大センセーションを巻き起こしたばかりでしたが、スポーティング・ニュースの記事によると1998年シーズンは100マイルを超えることは無かったとのこと。ただ、1999年シーズンは99マイルを計測しているので、1998年シーズンも最速100マイル弱を投げていた可能性は大。