ファースト&DH:2020年MLBポジション別選手ランキング


1ページ目:6位~10位     

2ページ目:1位~5位       

3ページ目:来年のランクイン候補


5位:ネルソン・クルーズ

ツインズ:39歳
2018年:5位 → 2019年:ランク外

年度 rWAR fWAR WARP
2018 2.9 2.5 3.1
2019 4.3 4.3 4.1

手首の故障により出場試合数はたったの120試合に終わりましたが39歳ながらもバッティングのクオリティは自己ベストのシーズンに。

とりわけOPS+166は37歳以上の中で歴代11位の数字で、上のトップ10はバリー・ボンズ、ベーブ・ルース、テッド・ウィリアムズ、ハンク・アーロン、ボブ・ジョンソン(第2次世界大戦により多くの選手が従軍しMLBのレベルが下落していた1944年に記録)が占めるなど、ジョンソン以外は伝説的なバッターばかり。(ボブ・ジョンソンも将来的には殿堂入りを果たす可能性が。)

Results
Rk Player OPS+ Year Age Tm
1 Barry Bonds 268 2002 37 SFG
2 Barry Bonds 263 2004 39 SFG
3 Ted Williams 233 1957 38 BOS
4 Barry Bonds 231 2003 38 SFG
5 Babe Ruth 201 1932 37 NYY
6 Hank Aaron 194 1971 37 ATL
7 Ted Williams 179 1958 39 BOS
8 Babe Ruth 176 1933 38 NYY
9 Bob Johnson 174 1944 38 BOS
10 Ted Williams 172 1956 37 BOS
11 Nelson Cruz 166 2019 38 MIN
12 Tris Speaker 166 1925 37 CLE
13 David Ortiz 164 2016 40 BOS
14 Edgar Martinez 160 2001 38 SEA
15 David Ortiz 159 2013 37 BOS
16 Edgar Martinez 158 2000 37 SEA
17 Willie Mays 158 1971 40 SFG

Provided by Baseball-Reference.com: View Play Index Tool Used

4位:アンソリー・リゾー

カブス:30歳
2018年:4位 → 2019年:8位

年度 rWAR fWAR WARP
2018 2.7 2.9 4.1
2019 3.9 4.0 3.7

毎年のように安定して好成績を残し続けていますが、MLB完全定着前に超格安契約を結んでしまったことで生涯年俸はたったの約3800万ドル。

2シーズン連続でゴールドグラブ賞を受賞していますが、DRS、UZR、OAAの全てが平均を少し上回るレベルなのでこの点に関しては過大評価かな。

3位:J.D・マルティネス

レッドソックス:32歳
2018年:5位(RF) → 2019年:3位

年度 rWAR fWAR WARP
2018 6.4 5.9 6.3
2019 3.3 3.2 4.2

MVP級の打撃成績を残した2017年~2018年から2016年以前の水準まで打撃成績が下落。それでもxwOBAはMLB全体8位(.400)に食い込むなどバッティングのクオリティは未だ一流。不安要素は強いて言えば例年最速115マイルを計測していた打球初速度が最速112.6マイルしか出なかったことかな。

バッティングとは対照的に相変わらず外野守備ではアダム・ダンのような草野球プレーを連発していますが、それに関してはマルティネスなんかにフィールドを守らせるレッドソックスサイドに責任があるよ。

2位:マット・オルソン

アスレチックス:26歳
2018年:ランク外 → 2019年:ランク外

年度 rWAR fWAR WARP
2018 4.3 3.4 2.2
2019 5.1 3.9 4.1

ファーストとして2018年はDRS・UZR、2019年はDRS・UZR・OAA・FRAAでMLB全体トップとなった守備職人。

2019年はxwOBA.386(MLB全体15位)を残すなど実際はイメージ以上の好打者。ただ、アスレチックスのホーム球場リングセントラル・コロシアムでの成績が異常に悪く本拠地に合ってない可能性が高いのでさっさと移籍してほしい。

1位:フレディ・フリーマン

ブレーブス:30歳
2018年:3位 → 2019年:1位

年度 rWAR fWAR WARP
2018 6.1 5.2 4.4
2019 4.4 4.0 4.0

スランプや衰えを見せるライバルのゴールドシュミットとジョーイ・ボットーを尻目に安定した活躍を披露。20歳でMLBデビューを果たしたこともあり積上げ系指標の通算成績はなかなかのもので、意外と将来的な殿堂入りの可能性も低くはない選手ですね。(スぺ体質だけど。)

ちなみに、成績予測システムZiPSは2026年(37歳)までに通算55.3fWAR、2434安打、388本塁打を記録すると予測しています。

”The Atlanta Braves Are the Team They Were Hoping For”


現時点でのMLB最高の一塁手&DHは?
  • あなたの回答を追加する

コメント

  1. 土屋 勇治 より:

    ボイドの壁は厚いですが、バードが期待外れに終わった今、左の大砲としてフォードには期待したいですね。