ライト:2020年MLBポジション別選手ランキング


本来なら外野3ポジションの中でセンターに次ぐ2番手のポジションですが、気付けばセンター以上にスター選手が揃うハイレベルな部門に。

とりわけ上位5人は全員が(実質的に)MVPを受賞した選手となっています。

DRSアップデートによる3月16付のrWAR値変更を反映しましたが、ランク付け時にDRSアップデート後の値を考慮していたので順位に変更はありません。

2019年度のライト部門ランキングはコチラ

【イントロダクション】2020年MLB選手ランキング

ファースト&DH:2020年MLBポジション別選手ランキング

セカンド:2020年MLBポジション別選手ランキング

サード:2020年MLBポジション別選手ランキング

ショート:2020年MLBポジション別選手ランキング

レフト:2020年MLBポジション別選手ランキング

1ページ目:6位~10位     

2ページ目:1位~5位       

3ページ目:来年のランクイン候補


レフト(左翼手)

10位:トレイ・マンシーニ

オリオールズ:28歳
2018年:ランク外 → 2019年:ランク外

年度 rWAR fWAR WARP
2018 0.4 -0.3 1.5
2019 3.5 3.6 2.8

不運によりリプレイスメントレベルの成績に終わった2018年から見事に復活。ただ、守備に関しては2018年から立ち位置を大きく変更するなど修正を加えましたが、守備成績は相変わらずイマイチ。

9位:ニコラス・カステヤノス

レッズ:28歳
2018年:ランク外 → 2019年:ランク外

年度 rWAR fWAR WARP
2018 2.9 3.0 3.5
2019 2.7 2.8 2.9

ミゲル・アンドゥハーの完成形。

今オフにFAとなりレッズが4年6400万ドルで獲得したわけですが、レッズの外野陣ってMLBでは未知数の秋山に加えて本来は内野手のニック・センゼルや守備の下手なジェシー・ウィンカーとかアリスティデス・アキーノとか不安要素だらけなんですけど、筋金入りの拙守のカステヤノスなんか入れて大丈夫なんですかね。

8位:オースティン・メドウズ

レイズ:24歳
2018年:デビュー前 → 2019年:ランク外

年度 rWAR fWAR WARP
2018 -0.1 0.2 -0.1
2019 4.0 4.0 3.7

かつての交換相手であり先発5番手クラスの成績を残したクリス・アーチャーを尻目にブレイク。

チーム内では野手最高の成績を記録してシーズン96勝の立役者の一人となったわけですが、ポストシーズンでは計6試合で3安打しか打てずALDS敗退の戦犯に。

7位:マックス・ケプラー

ツインズ:27歳
2018年:ランク外 → 2019年:ランク外

年度 rWAR fWAR WARP
2018 3.2 2.6 2.9
2019 4.1 4.4 3.5

これまでは好守が売りの選手で活躍よりもドイツ出身という肩書が先行していましたが、とうとう持ち前のパワーを生かしたバッティングが開花。

ただ、シーズンを通して体のあらゆる部門をチョイチョイケガしていて、今春季キャンプでは背中を故障。今シーズンも2017年のように150試合以上出場できるとは到底思えません。

6位:マイケル・コンフォート

メッツ:27歳
2018年:7位(LF部門) → 2019年:7位(LF部門)

年度 rWAR fWAR WARP
2018 2.7 3.0 1.8
2019 3.4 3.7 4.1

やはりバッティングは2017年の左肩脱臼前の水準に戻らず。

走攻守で飛び抜けたツールが無いからか成績のわりに話題にならないよね。

コメント

  1. 土屋 勇治 より:

    ジャッジはマイナー時代から健康面に不安がありますね。マッティングリーの時は当時としては大型契約で最高年俸6億円位で6年契約したら、背中を悪くして劣化しちゃったけど、ジャッジは生え抜きのスターという事でヤンキースは大型契約をしますかね?