ランディ・ジョンソンの球速の変遷:1988年~2009年


ノーラン・ライアンの球速の変遷 1974年~1993年


かつて私が知りうる範囲の限りでノーラン・ライアンの年度別最高球速をまとめたのですが、今回はそのランディ・ジョンソン版となります。

ノーラン・ライアン版とほぼ同様にソースは様々な新聞記事、雑誌記事、野球関係者の明確な証言、当時のテレビ放送の実況&解説のコメント、Pitch f/xの測定結果などです。信憑性の低いもの、デタラメなどはバッサリと切り落としました。あとは計測された年が不明なものも排除。

あくまでも私が手に入れた情報の中での最速の数字なのであしからず。



2008年~2009年はPitch f/xの測定結果なので精度は高いでしょうが、それ以前は所詮ただのスピードガンの測定なので精度なんてお察し。

ノーラン・ライアンよりも最近の選手なので調べやすかったですが、思ってたよりもソースは少なめ。日本と違ってMLBのテレビ中継がまともに球速表示を行うようになったのは2000年代に入ってからなので、1990年代のデータは十分に集まりませんでした。

次はビリー・ワグナーとかロジャー・クレメンスあたりを調べてみようと思います。