トレバー・ストーリーがStatcast最長HR記録を更新!

今日の試合でCOLのトレバー・ストーリーが推定飛距離505フィート(約154m)のホームランを放ち、2015年Statcast測定開始以来のMLB最長ホームラン記録を更新しました。(それまでの最長HR記録はスタントンの504フィート)。下の動画がそのホームランとなります。


Statcastの歴代最長HR記録Top10
順位選手名飛距離(フィート)飛距離(メートル)打球初速度(km)球場年度
1位トレバー・ストーリー505153.9180.1COL2018
2位ジャンカルロ・スタントン504153.6186.3COL2016
4位クリス・ブライアント495150.9179.4CHC2015
4位アーロン・ジャッジ495150.9190.9NYY2017
7位マイケル・テイラー493150.3177.2COL2015
7位ネルソン・クルーズ493150.3183.8MIN2016
7位ゲリー・サンチェス493150.3182.0DET2017
9位ノマー・マザーラ491149.7173.3TEX2016
9位ウィルソン・コントレラス491149.7180.0CHC2017
10位ジョーイ・ギャロ490149.4187.0LAA2017

この4年間で150メートル以上のホームランは上の上位7本ですが、1位&2位を含めて3本はクアーズ・フィールド(打球が飛びやすい超打者有利球場)でのホームラン。また全員が右打者となっています。

また、上の表には含まれていませんがホームランダービーではアーロン・ジャッジが2017年に513フィート(156.3m)、ジャンカルロ・スタントンが2016年に497フィート(151.5m)、2017年に496フィート(151.2m)を記録しており、Statcast導入以降にホームランダービーで150m以上を記録したのはこの二人だけとなっています。


👇2位のスタントンの504フィート弾

以下の記事もあわせてどうぞ

アーロン・ジャッジと過去のホームランダービーを比較する


コメント

  1. 名無し より:

    ストーリーと言えばトミージョンで今シーズン全休中のシーガーと2016年に新人王争いしてましたね、仮にストーリーが7月に怪我せずにシーズン終えても多分シーガーが新人王だったと思いますけど、もう少し拮抗した面白い新人王争いになってたかもです。前々からストーリーには注目してましたが、まさか30-30に近い成績を残せるほどの走れるスラッガーになるとは予想できませんでした、嬉しい誤算です。

    • 管理人 より:

      2016年後半~2017年にかけて打撃成績がイマイチだったので、私も今シーズンの活躍は予想外でした。シーガーがほぼ全休となり、その代わりに新人王を争ったストーリーがNLのNo.1ショートと言われている現状は・・・。なんという巡り合わせ。