ヤンキース:プロスペクトランキング:1位~50位:2019年夏

2019年のシーズン前半戦も終了したということで、ヤンキースのプロスペクトランキング・TOP50を作成しました。


ヤンキースのプロスペクト紹介まとめ 順次更新


1ページ目:41位~50位
2ページ目:31位~40位
3ページ目:21位~30位
4ページ目:11位~20位
5ページ目:  1位~10位

OA:全体(オーバーオール)、〇/〇:現在/将来、リスク:育成難度、
Hit:バットコントロール+選球眼、Power:パワー、Run:走塁、Arm:送球、Field:守備
FB:速球、SL:スライダー、CB:カーブ、CH:チェンジアップ、Cmd:制球力(コマンド)
FB/be:最高球速、FB/vel:平均球速(速球)、SL/vel:平均球速(スライダー)、
CB/vel:平均球速(カーブ)、CH/vel:平均球速(チェンジアップ)、
FC:カットボール、FS:スプリット
90s:90マイル台前半、90m:90マイル台中盤、90h:90マイル台後半

OA:全体(オーバーオール)は、
80=8.0 WAR:MVP、サイヤング賞
70=6.0 WAR:スター選手、先発エース
60=4.0 WAR:オールスター、先発1番手~2番手           
50=2.0 WAR:平均レベルのレギュラー、先発3番手
40=0.0 WAR:リプレイスメントレベル
35 : AAAクラス
30 : AAクラス
25 : A-~A+クラス
20 : ROKクラス





50位:ジェイク・サンフォード

21歳:188cm・96㎏:右投左打:レフト:A-
カナダ:2019年ドラフト3巡目

OV リスク
30 特大
Hit Power Run Arm Field
20/35 35/60 50/50 30/40 25/40

ジェイク・サンフォード:ヤンキース・3巡目(2019年MLBドラフト)

先日紹介したばかりの大砲。

打撃スキルと守備面に大きな不安を抱えるものの持ち前のバットスピードと大学での成績は一級品。

ドラフト契約後はA-でプレーしていますが不安通り三振を連発中。



49位:ホイジュン・パク

23歳:183cm・79㎏:右投左打:ショート:AA
韓国:2015年インターナショナルFA

OV リスク
30
Hit Power Run Arm Field
30/40 25/30 50/50 45/50 30/40

高校生時代にKBOをスルーしてヤンキースと契約した韓国人内野手。(韓国ではそこそこ問題になったそう)

飛び抜けた成績を残したことはありませんが毎年最低限の成績を残し続け気付いてみればAAまで昇格。アベレージとパワーに欠けるものの優れた選球眼により高い出塁率を残すところは加藤豪介とも被ります。

走力と肩は平均レベルでショート守備も一定の評価を受けていますがこれは過大評価。将来的にはレフトへのコンバートもありえるでしょう。



48位:ブランドン・ロックリッジ

22歳:185cm・84㎏:右投右打:センター:A
フロリダ州:2018年ドラフト5巡目

OV リスク
30
Hit Power Run Arm Field
25/35 35/50 65/60 40/50 45/65

ブランドン・ロックリッジ:ヤンキース5巡目(2018年MLBドラフト)

大学時代から俊足と外野守備を高く評価されるプロスペクト。恐らく外野守備はヤンキース傘下でNo.1でしょう。

高い身体能力と体格に恵まれパワーのポテンシャルも平均レベル。バットコントロールに大きな難を残すもののハマれば走攻守の揃ったバリューアブルなセンターに。



47位:ミゲル・ヤホレ

21歳:185cm・79㎏:右投右打:RHP:A+
ベネズエラ:2015年インターナショナルFA

OV リスク
30
FB SL CB CH Cmd
45/50 35/50 35/45 20/30 30/45
FB/be FB/vel SL/vel CB/vel CH/vel
94 90~91

2015~2016年にかけてルーキーリーグで好成績を残していたものの2016年のシーズン途中に肘を痛めトミー・ジョン手術。2017年は全休に終わりますが、2018年にAで復帰すると今日まで好成績を記録。

質の高いスライダーとカーブを大きな魅力で、トミー・ジョン手術復帰後に球速が向上するなど手術の悪影響は見受けられず。球種の質&バリエーションと体格、コマンドの安定度から上位クラスでも先発投手として期待できる選手です。



46位:ハロルド・コルティーオ

21歳:185cm・82㎏:右投右打:RHP:ROK
プエルトリコ:2017年ドラフト14巡目

OV リスク
30
FB SL CB CH Cmd
40/50 35/40 40/60 30/45
FB/be FB/vel SL/vel CB/vel CH/vel
95 92

14巡目指名とドラフト時は評価の低い無名選手でしたが、プロ入り後は年齢以上に完成された安定感のある投球を披露。

速球とスライダーは球威に欠けるもののチェンジアップはヤンキース傘下内でもトップクラスのクオリティ。投球フォームはクリーンでコマンドの将来性も〇。



45位オズワルド・ペラザ

19歳:183cm・79㎏:右投右打:ショート:Aー
ベネズエラ:2016年インターナショナルFA

OV リスク
30
Hit Power Run Arm Field
20/40 20/35 45/50 35/45 30/50

打撃のシーリングは低いもののショート守備の評価は👍

成績こそ目立たないものの毎年のように順調にクラスを上げてきており、今シーズンは拡張春季キャンプ後にAーでプレーしています。



44位:ネスター・コルテズ Jr.

24歳:178cm・95㎏:左投左打:LHP:MLB
キューバ:2013年ドラフト36巡目

OV リスク
35 特小
FB SL CB CH Cmd
35/35 40/40 40/40 35/35 30/45
FB/be FB/vel SL/vel CB/vel CH/vel
93 89 82 76 82

選手紹介(ネスター・コルテズ):2017年11月

36巡目指名ながらもMLBデビューを果たした苦労人。

多彩な変化球と3つのアームスロットを使い分けるMLBでも稀有な技巧派で、今シーズンは起用法が固定されていないながらもリプレイスメント超のパフォーマンスを披露中。



42位ライアン・マクブルーム

27歳:191cm・107㎏:右投右打:ファースト/ライト:AAA
バージニア州:2014年ドラフト15巡目

OV リスク
35
Hit Power Run Arm Field
35/35 50/50 35/35 40/40 40/40

すでに27歳なだけにプロスペクト(有望株)と呼んでもいいのか分かりませんが、今シーズンはAAAで上位の好成績を記録。

ヤンキースのAAAには同じ一塁手のマイク・フォードもいるだけに今回のトレードデッドラインで放出される可能性が大。



42位ダイロ・ペレス

17歳:188cm・82㎏:右投右打:ショート:ROK
ドミニカ:2018年インターナショナルFA

OV リスク
30 特大
Hit Power Run Arm Field
20/35 20/35 40/55 35/50 30/55

守備力を評価されている17歳のプロスペクトですが188㎝と体型にも恵まれておりバッティングのポテンシャルも悪くないかも。

ここまでDSL(ドミニカ・サマーリーグ)において19試合で10盗塁&盗塁成功率100%を記録するなど走塁面の期待も大。



41位:チャンス・アダムス

24歳:185cm・122㎏:右投右打:RHP:MLB
アリゾナ州:2015年ドラフト5巡目

OV リスク
35
FB SL CB CH Cmd
45/45 45/45 45/45 35/35 40/40
FB/be FB/vel SL/vel CB/vel CH/vel
94.6 92 84 79 86

選手紹介(チャンス・アダムス):2017年11月

かつてはヤンキースNo.1の投手プロスペクトであったものの2017年オフの右ひじ手術により大きく劣化。現状のレベルならばMLBで先発投手としてプレーするのは不可能でしょう。

しかし、カーブやスライダーはMLBトップクラスのスピンレイトを計測しており大学時代はリリーフ投手だったことを考えると、先発は諦めリリーフに固定してもう一度チャンスを与えてほしいところ。

コメント

  1. カストロスター より:

    1位が今年入団の16歳とはいいのか悪いのか…
    超ポテンシャル重視のランキングですね

    • 管理人 より:

      恐らくほとんどのメディアのランキングは1位&2位がガルシアとドミンゲスになると思いますね。
      その中でもFanGraphsはドミンゲス>ガルシア、ESPNとBaseball Prospectusはガルシア>ドミンゲスになってます。