ヤンキース:プロスペクトランキング:1位~50位:2019年夏

ヤンキースのプロスペクト紹介まとめ 順次更新


1ページ目:41位~50位
2ページ目:31位~40位
3ページ目:21位~30位
4ページ目:11位~20位
5ページ目:  1位~10位

OA:全体(オーバーオール)、〇/〇:現在/将来、リスク:育成難度、
Hit:バットコントロール+選球眼、Power:パワー、Run:走塁、Arm:送球、Field:守備
FB:速球、SL:スライダー、CB:カーブ、CH:チェンジアップ、Cmd:制球力(コマンド)
FB/be:最高球速、FB/vel:平均球速(速球)、SL/vel:平均球速(スライダー)、
CB/vel:平均球速(カーブ)、CH/vel:平均球速(チェンジアップ)、
FC:カットボール、FS:スプリット
90s:90マイル台前半、90m:90マイル台中盤、90h:90マイル台後半

OA:全体(オーバーオール)は、
80=8.0 WAR:MVP、サイヤング賞
70=6.0 WAR:スター選手、先発エース
60=4.0 WAR:オールスター、先発1番手~2番手           
50=2.0 WAR:平均レベルのレギュラー、先発3番手
40=0.0 WAR:リプレイスメントレベル
35 : AAAクラス
30 : AAクラス
25 : A-~A+クラス
20 : ROKクラス




40位:グレン・オット

23歳:196cm・108㎏:右投右打:RHP:A+
テキサス州:2017年ドラフト5巡目

OV リスク
35
FB SL CB CH Cmd
55/60 45/55 25/30 40/40
FB/be FB/vel SL/vel CB/vel CH/vel
98 94~95 79

選手紹介(グレン・オット):2018年1月

恵まれた体格から球威のある平均以上の速球とプラスピッチとも評されることのあるカーブを投げ込む剛腕ですが、球種は実質的にその2種類だけでありコマンドも悪いことから将来のリリーフ転向はほぼ間違いなし。

また、非常に故障が多く実力とポテンシャルを発揮できないままフェイドアウトする可能性も大。



39位アイザイア・ギリアム

22歳:191cm・100㎏:右投両打:ライト:AA
ジョージア州:2014年ドラフト20巡目

OV リスク
35
Hit Power Run Arm Field
30/40 45/60 45/45 45/45 25/30

選手紹介(アイザイア・ギリアム):2017年12月

両打席からパワーを発揮するスイッチヒッター。

20巡目指名ながらも各クラスで平均以上の成績を残し22歳の手前でAAに昇格。

身体能力に恵まれている割には守備が悪く、将来のMLB昇格のためには更なる向上が必要不可欠ですが、場合によってはファーストへのコンバートも。



38位:マイク・フォード

26歳:183cm・102㎏:右投右打:ファースト:MLB
ニュージャージー州:2013年ドラフト外

OV リスク
35 特小
Hit Power Run Arm Field
45/45 55/55 25/25 45/45 40/40

マイク・フォードがMLB昇格!

マイク・フォードの選手紹介(2017年11月投稿)

今ブログのお気に入りプロスペクト。

キャリア初のスランプに陥った2018年を経てとうとうブレイク。MLBでの出場機会には恵まれないもののインターナショナル・リーグ(AAA)ではリーグNo.1の打撃成績を残しています。

選手層の厚いヤンキースではこのまま飼い殺しにされそうなのでトレードされてほしいところですが・・・。



37位:ライムフェル・サリーナス

18歳:183cm・79㎏:右投右打:センター:ROK
ベネズエラ:2017年インターナショナルFA

OV リスク
35 特大
Hit Power Run Arm Field
20/40 20/45 45/55 35/55 30/50

2017年インターナショナルFAにおいてトップクラスの評価を受けていたプロスペクトであり2017年の12月(17歳の誕生日の3日前)に185万ドルでヤンキースと契約。

5ツールプレーヤーとして期待されるバランスの良いプロスペクトですが、2018年シーズンは指とひざの故障により半休。今シーズンはルーキークラスのGCLで開幕を迎えています。



36位ケイナン・スミス

20歳:183cm・98㎏:右投左打:レフト:A
テキサス州:2017年ドラフト4巡目

OV リスク
35
Hit Power Run Arm Field
25/40 30/45 45/40 40/50 25/40

選手紹介(ケイナン・スミス):2018年5

遅生まれでありまだ若干20歳ながらもAで好成績を残す外野手。

高校時代からトップクラスの選球眼の持ち主ですがパワーも順調に成長中。

今年の5月にはサイクルヒットも達成しています。



35位デルミス・ガルシア

21歳:191cm・91㎏:右投右打:ファースト:A+
ドミニカ州:2014年インターナショナルFA

OV リスク
35 特大
Hit Power Run Arm Field
25/35 50/70 35/30 45/60 25/35

選手紹介(デルミス・ガルシア):2017年11

打球初速度117マイルを計測するなどヤンキース傘下No.1クラスのパワーを誇る大砲。

2014年インターナショナルFAにおいて1位2位を争う評価を受けており320万ドルの大金でヤンキースと契約。

契約後はバットコントロールと選球眼に大きな難があり期待通りの成長は見られず評価は停滞気味ですが、毎年のようにwRC+130前後を記録しておりなんだかんだで21歳ながらもA+で活躍。

故障が多い選手ですが今シーズンはここまでほぼフル出場。



34位:トレバー・ステファン

23歳:196cm・102㎏:右投右打:RHP:AA
テキサス州:2017年ドラフト3巡目

OV リスク
35
FB SL CB CH Cmd
45/50 40/45 35/40 50/50
FB/be FB/vel SL/vel CB/vel CH/vel
97 91~92 79~81 85~86

選手紹介(トレバー・ステファン):2017年11月

A+までは素晴らしい成績を残していましたが昨シーズンのAA昇格後はパフォーマンスが低下。

今シーズンは春季キャンプに招待されるも2イニングで7失点と散々な結果。開幕はAAで迎えるも球速低下に制球悪化、背中の怪我などにより全く通用せずA+に降格となりましたが、そのA+でも打ち込まれています。

野球IQが高い選手だけに調整&修正→復活を期待したいところ。



33位マイケル・エスコット

17歳:178cm・82㎏:右投右打:ショート:ROK
ドミニカ:2018年インターナショナルFA

OV リスク
35
Hit Power Run Arm Field
20/40 20/35 25/50

昨年度のインターナショナルFAにおいて35万ドルで契約。

遅生まれのため6月に17歳となったばかりですが、DSLでチームトップの好成績を記録。

パワー面の成長に疑問符が付けられているものの今シーズンは長打力を発揮しており、6月28日にはサイクルヒットを達成しています。



32位:T.J・シッケマ

20歳:183cm・100㎏:左投左打:LHP:A-
アイダホ州:2019年ドラフト1巡目補完ラウンド

OV リスク
35
FB SL CB CH Cmd
40/45 40/45 30/35 45/50
FB/be FB/vel SL/vel CB/vel CH/vel
95 90~93 80m 80m

TJ・シッケマ:ヤンキース・戦力均衡ラウンド(2019年MLBドラフト)

飛び抜けたツールこそないもののオーバースロー気味とスリークォーターの2種類のアームスロットを使い分ける投球術により抑える技巧派投手。

ドラフト後はAーでプロデビューを果たし2試合6イニングで被安打1&7奪三振の完璧なピッチングを披露していますが、将来的にはリリーフに転向する可能性が高いでしょう。



31位アンソニー・ガルシア

18歳:195cm・96㎏:右投両打:ライト:ROK
ドミニカ:2017年インターナショナルFA

OV リスク
35 特大
Hit Power Run Arm Field
20/35 40/70 35/40 35/50 20/40

ヤンキース傘下&20歳未満のプロスペクト

両打ながらもルーキーリーグNo.1クラスのパワーを誇る巨漢。今後の成長次第ではデルミス・ガルシアを超えるパワーの持ち主になる可能性もアリ。

バットコントロールに大きな疑問符を残すものの、ハマればかつてヤンキースに所属したトニー・クラークのような長距離砲に。

コメント

  1. カストロスター より:

    1位が今年入団の16歳とはいいのか悪いのか…
    超ポテンシャル重視のランキングですね

    • 管理人 より:

      恐らくほとんどのメディアのランキングは1位&2位がガルシアとドミンゲスになると思いますね。
      その中でもFanGraphsはドミンゲス>ガルシア、ESPNとBaseball Prospectusはガルシア>ドミンゲスになってます。