ショート:2020年MLBポジション別選手ランキング


高い守備力が必要なポジションということもあり上位の選手の中にベテラン選手はほぼ皆無。

もちろん守備力をウリにした選手も多いポジションなわかでうsが、今オフから内野OAAが導入されDRSの算出方法が大きく変更されたことにより、多くの選手の評価を考え直す必要がありました。

DRSアップデートによる3月16付のrWAR値変更を反映しましたが、ランク付け時にDRSアップデート後の値を考慮していたので順位に変更はありません。

2019年度のショート部門ランキングはコチラ

【イントロダクション】2020年MLB選手ランキング

ファースト&DH:2020年MLBポジション別選手ランキング

セカンド:2020年MLBポジション別選手ランキング

サード:2020年MLBポジション別選手ランキング


1ページ目:6位~10位     

2ページ目:1位~5位       

3ページ目:来年のランクイン候補


ショート(遊撃手)

10位:ニック・アーメッド

ダイヤモンドバックス:30歳
2018年:ランク外 → 2019年:ランク外

年度 rWAR fWAR WARP
2018 4.4 1.8 3.3
2019 4.3 2.4 3.2

課題だったバッティングはが年向上しリーグ平均レベルまであとわずか。個人的にはもう1段階上の成績を残すポテンシャルがあると信じているのですが、今月で30歳を迎えるなど客観的に見れば昨シーズンの数字が天井か。

9位:コーリー・シーガー

ドジャース:25歳
2018年:1位 → 2019年:ランク外

年度 rWAR fWAR WARP
2018 0.3 0.5 0.7
2019 3.3 3.3 3.1

2018年のトミー・ジョン手術からの復活を期待された1年でしたが、故障前の強打は影をひそめMLB全体のショートの中でも10番目程度の中途半端な成績に。NLDSでも5試合で3安打しか打てず、ポストシーズン通算OPSは.603まで低下。

とはいえ今季開幕時点でまだ25歳。今回のショートTop10の中でも最年少となっています。

8位:ホルヘ・ポランコ

ツインズ:26歳
2018年:ランク外 → 2019年:ランク外

年度 rWAR fWAR WARP
2018 1.2 1.4 0.1
2019 4.8 4.0 5.3

2018年は禁止薬物使用により80試合の出場停止を食らったチーターですが、昨シーズンはオクスリの残留効果のおかげがショートとしてリーグトップクラスの成績を残しました。

バッティングとは対照的に守備成績は最低クラスで、OAAにおいてはMLB全ポジション中ワースト3位の-16を記録。

あと個人的に顔が嫌い。

7位:トレイ・ターナー

ナショナルズ:26歳
2018年:9位 → 2019年:6位

年度 rWAR fWAR WARP
2018 4.1 4.8 5.0
2019 3.3 3.5 4.0

アマチュア時代から毎年のように故障。2018年に奇跡的な全試合出場を果たしとうとうスぺ体質を克服したかと思いましたが、右手人差し指の故障によりまたもや長期離脱に。

2016年・2017年のNLDS(ナショナルズは2年連続で2勝3敗により敗退)で低成績を残すなどPSを苦手としている選手ですが、2019年はワイルドカードゲームこそホームランを放ったものの、NLDS~WSにおいては16試合でOPS.583と奮わず。

6位:ポール・デヨング

カージナルス:26歳
2018年:ランク外 → 2019年:11位

年度 rWAR fWAR WARP
2018 3.6 3.3 2.7
2019 5.3 4.0 4.2

2018年は死球による左手骨折で115試合の出場に終わったものの昨シーズンはほぼフル出場。

デビュー382試合で74本塁打を放つなどパンチ力のある選手ですが、ポストシーズンでは全く打てず戦犯に。というか5月以降はOPS.701しか打ってない。